体験する

農業インターンシップ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、感染流行地域からの移動をともなう体験および感染流行地域での体験は控えていただくようお願いいたします。
また、体験にあたっては常に最新の情報を確認し、政府等の感染症予防対策や、感染拡大防止のための新しい行動様式に則してリスクを避けた実施をしていただくようお願い申し上げます。

「農業インターンシップ事業を実施される皆様へ」
受入農業法人紹介
体験受入法人等
公益財団法人農林業公社しんしろ
代表者
理事長 穂積亮次
所在地
愛知県新城市作手清岳ナラガミ
ホームページ
http://www.sunalix.co.jp/kosya-shinshiro/index.html
売上高
非公表
従業員数
非公表
経営主作目・事業内容
農業に興味があり就農意欲のある方を市内外から募集し、新規就農者として独り立ちして営農を開始するためのサポートや支援をしています。特に「比較的安定した収益を見込めるイチゴ」「地域の特性を活かし周年栽培として産地化を期待されているホウレンソウ」「すでに産地化されており品質・市場評価の高いトマト」の3品目を推奨しています。
経営理念と将来の事業展開・ビジョン
将来的に独立就農を少しでも考えている方を募集しています。県、市、公社、JAなどの農業関係機関が密接に連携しているため、農業初心者の方も安心して新規就農を目指せます。農業インターンシップ後に希望があれば新城市で新規就農者受入支援を検討させていただいた後、農林業公社しんしろで新規就農研修の受け入れを行います。
有機農業に対する考えや取り組み
有機農業の農業インターンシップの受け入れは予定しておりませんが、有機農業に関しての相談は別途お受けします。
作物種別
夏秋トマト・いちご・周年ほうれん草
体験可能作目
夏秋トマト・いちご・周年ほうれん草
体験場所
トマト・ほうれん草(新城市作手地域)、いちご(新城市新城地域)
体験担当者
今泉訓生
受入可能時期と内容
通年可能:ホウレンソウ(収穫・出荷・袋詰め・栽培管理など)、6月下旬~12月上旬:トマト(収穫・出荷・栽培管理など)、11月上旬~6月下旬:イチゴ(収穫・出荷・パック詰め・栽培管理など)
1回の受入可能期間
5日日〜
高校生の受入
社会人の週末等コースの受入
不可
提供できる住居
その他 観光ホテル
食事提供の方法
自炊(食費補助) 
採用計画
アクセス
JR飯田線 新城駅、自動車
自動車免許
服装など準備すべき物
農作業に適した服装、長靴
登録にあたっての考え
農業体験・理解者の増加、従業員の確保、体験生の確保 
参加者の目的で重視すること
その他 就農へのステップ
メッセージ:どんなことを学べるか
将来的に独立就農を少しでも考えており、就農意欲がある方。