体験する

農業インターンシップ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、感染流行地域からの移動をともなう体験および感染流行地域での体験は控えていただくようお願いいたします。
また、体験にあたっては常に最新の情報を確認し、政府等の感染症予防対策や、感染拡大防止のための新しい行動様式に則してリスクを避けた実施をしていただくようお願い申し上げます。

「農業インターンシップ事業を実施される皆様へ」
受入農業法人紹介
体験受入法人等
(農)となん
代表者
平野 友則
所在地
岩手県盛岡市下飯岡
ホームページ
売上高
60000万円
従業員数
12人
経営主作目・事業内容
米・麦・大豆など
経営理念と将来の事業展開・ビジョン
次世代に地域農業のバトンを渡す
有機農業に対する考えや取り組み
取組みなし
作物種別
米、野菜、果樹
体験可能作目
米、野菜、果樹
体験場所
体験担当者
南野 正直
受入可能時期と内容
通年可能:その時期に体験可能な内容を提示します。ご相談ください。
1回の受入可能期間
2日〜
高校生の受入
社会人の週末等コースの受入
提供できる住居
その他 その他(ホテルを手配予定)
食事提供の方法
その他 ホテル宿泊を想定。昼食・夕食は支度します
採用計画
アクセス
自動車免許
服装など準備すべき物
農作業に適した服装、長靴、手袋
登録にあたっての考え
農業体験・理解者の増加、従業員の確保、体験生の確保 
参加者の目的で重視すること
農業体験、就職先検討 
メッセージ:どんなことを学べるか
農業に興味・関心があること