体験する

農業インターンシップを実施される体験者、受入先におかれましては、実施要領、体験/受入のルールを遵守し、体験者・受入先双方にとって有益な体験が行えるようご協力をお願いいたします。
具体的な事項は以下よりご確認ください。

「農業インターンシップ事業を実施される皆様へ」

農業インターンシップ

受入農業法人紹介
体験受入法人等
(公社)日本国民高等学校協会
代表者
加藤 達人
所在地
茨城県水戸市内原町
ホームページ
https://nnjg.ac.jp/
売上高
10,000万円
従業員数
24人
経営主作目・事業内容
稲、野菜、乳牛、肉牛、豚、鶏卵他
経営理念と将来の事業展開・ビジョン
ひとに喜ばれる農産物の生産
有機農業に対する考えや取り組み
JAS認証圃場50a保有
作物種別
稲、野菜(40品目)、牛、豚
体験可能作目
稲、野菜(40品目)、牛、豚
体験場所
体験担当者
籾山 旭太
受入可能時期と内容
通年可能:農作業全般(季節により限定されることがあります) 農繁期:5月~
1回の受入可能期間
2日〜1週間
高校生の受入
社会人の週末等コースの受入
不可
提供できる住居
社宅・寮等  
食事提供の方法
その他 学生食堂
採用計画
アクセス
JR常磐線内原駅
自動車免許
服装など準備すべき物
農作業に適した服装、長靴、雨合羽、手袋
登録にあたっての考え
農業体験・理解者の増加、従業員の確保、体験生の確保 
参加者の目的で重視すること
農業体験 
メッセージ:どんなことを学べるか
農業の基礎が幅広く経験できます。(稲作、野菜、有機農業、畜産)
画像