体験する

農業インターンシップの体験者、
受入先の皆様へ

農業インターンシップに関するお知らせは、(公社) 日本農業法人協会のホームページにて随時更新しています。
お申込み前に、以下より最新の状況をご確認ください。

「農業インターンシップ事業を実施される皆様へ」

農業インターンシップ

受入農業法人紹介
体験受入法人等
しあわせファー夢
代表者
工藤祥
所在地
神戸市北区大沢町市原
ホームページ
http://siawasefarm.com/
売上高
800万円
従業員数
3人
経営主作目・事業内容
高設いちご栽培、スイートコーン、ブロッコリー、農家cafe、学習塾
経営理念と将来の事業展開・ビジョン
複合経営により、収益の安定を図っています。楽しく働ける、やりたいことをやれる職場を実現しています。
有機農業に対する考えや取り組み
イチゴ栽培では、有機肥料を使うと糖度が向上するので欠かせない栽培方法です
作物種別
いちご、スイートコーン、cafe店員、農園施設施工
体験可能作目
いちご、スイートコーン、cafe店員、農園施設施工
体験場所
体験担当者
工藤 祥
受入可能時期と内容
通年受け入れをしています。3~6月は、苺の出荷、苺狩りの対応。6~9月は苺の片づけ、苺の育苗、スイートコーンの定植、露地野菜の定植、収穫などです。露地野菜では、トラクターの運転、ユンボの運転も体験いただけます。休日は作物の出来により不定期ですが、16時には終業しています。副業で学習塾も経営しており、「経営」という事に関して深く勉強していただけます。
1回の受入可能期間
2日〜6週間
高校生の受入
社会人の週末等コースの受入
提供できる住居
経営者宅に間借り 
食事提供の方法
自炊(食材提供) 
採用計画
アクセス
自動車免許
なくても可
服装など準備すべき物
長靴・軍手・運動靴
登録にあたっての考え
農業体験・理解者の増加、従業員の確保、体験生の確保 
参加者の目的で重視すること
農業体験、就職先検討 
メッセージ:どんなことを学べるか
農業はお金を稼げる前提があるから楽しく営めます。苦しいことは、仕事にはなりえず、どうしたら収益になるか、身の回りの資源の活用について一生懸命考えるので、とても洞察力・先見性が必要な仕事です。そんな現実的な背景を背負いながらも、体を健康的に動かせ、人間関係のしがらみも少ない毎日の楽しみ方を味わっていただけると思います。作物の栽培とともに、経営の経験もという方にお勧めの体験農場です。
画像