支援情報

地域の新規就農サポート宣言

高山市

高山市農政部農務課
電話:
0577-35-31410577-35-3141
就農者向けHP
就農希望者に向けたサポート宣言
農地・販路・栽培技術など、全面的にサポートします。
取組内容

(1) 就農意欲喚起

(2) 就農準備支援

(3) 定着支援

就農意欲喚起

受入体制を整え、就農意欲を喚起する。

就農相談会を開催
いつでも、オンラインによる就農相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。
就農イベントなどにも出展します。
就農希望者自身が農業適性を判断するため、就農体験ツアーやインターンシップを開催
最盛期である7月~8月に、就農体感ツアーを行います。
希望者の方のご都合に合わせて、日程を調整できます。
地域の就農支援情報や先輩農家の体験談等をホームページやパンフレットで発信
パンフレットをご覧ください。
地域農家の平均的な農業所得や、収益が見込める推奨経営モデルを提示
経営モデルをご用意しています。
就農体感ツアーなどにご参加いただいた際に、様々な条件など照らし合わせ提示します。
就農相談と、移住・生活支援に関する相談窓口が連携して、ワンストップの相談対応を実施
高山市農務課の窓口にご連絡いただければ、移住・生活部署とも連携し、ワンストップで対応します
就農準備支援

就農準備を支援する。

長期研修プログラムを実施(農業技術、農業経営)
現地実習、座学(技術・経営など)を包括して、カリキュラムを作成しています。
研修生の目標や適性を理解し、研修先の農家法人とのマッチングを実施
現地実習は、ベテラン農業者が親身になって指導にあたります。
実際の農業者のもとで研修を受けることにより、栽培技術はもちろん、経営感覚などを学ぶことができます。
就農準備に向けた農地の斡旋を実施
ただ空き農地を斡旋するのではなく、品目ごとに栽培に適した農地をお探しします。
就農準備への支援を実施
(就農計画作成サポート、農機具・施設の斡旋、営農資金の相談等)
就農計画作成や資金借入れ相談について、しっかりサポートします。
使われなくなった農機具や施設の斡旋もあります。
就農準備中の生活に関わる支援の実施(研修手当、住居の斡旋・手当等)
地域のご希望などに応じて、住居を紹介することができます。
定着支援

営農定着を支援する。

経営を安定させるために、販路開拓や確保の支援や情報提供を実施
販路はJAによりしっかり確保されているので、売り先の心配をすることなく、作ることに全力を注ぐことができます。
経営が安定したら、6次産業化などの支援メニューもあります。
就農後も一定期間は、技術や経営管理についての指導や相談を継続
困ったときは、いつでも相談に対応します。
また、就農後3年間は、県やJAの職員が重点的に巡回するため、技術面のアドバイスを受けることができます。
農業経営開始後の規模拡大に必要な農地及び労働力の確保を支援
規模拡大のための農地探しについてもサポートします。
労働力不足については、地域全体の課題となっています。
地元農家や若手農業者との交流促進の場を設ける等、地域に定着するための支援を実施
出荷組合や、若手農業者の団体があるため、他の生産者との交流の場はたくさんあります。
地域に定着するための生活に関わる支援を実施
(住居の斡旋・手当、副業斡旋、子育て支援等)
冬は農作業がないため、アルバイトを希望する場合には、副業先を紹介することができます。
また、子育て支援も充実しています。
参照資料一覧
  • 中部
  • 稲作
  • 施設野菜
  • 果樹
  • 肉用牛
  • 就農相談会
  • 農業体験
  • 情報発信
  • 経営モデル・キャリアパス提示
  • 研修プログラム
  • 研修先とのマッチング
  • 就農準備サポート
  • 地域独自の就農関連補助金
  • 農地の斡旋
  • 農器具・施設の斡旋
  • 販路の確保
  • 資金の確保(融資相談)
  • 就農後のサポート
  • 就農者のネットワーク
  • 家賃補助
  • 住宅斡旋
  • 移住者支援制度
  • 20代~30代歓迎
  • 40代~50代歓迎

※掲載内容に関する責任は宣言地域に帰属します。