支援情報

地域の新規就農サポート宣言

観音寺市

経済部農林水産課
電話:
0875-23-39310875-23-3931
就農希望者に向けたサポート宣言
研修機関への斡旋及び複数組織による徹底した経営分析を行い、独立をサポートします。
取組内容

(1) 就農意欲喚起

(2) 就農準備支援

(3) 定着支援

就農意欲喚起

受入体制を整え、就農意欲を喚起する。

就農相談会を開催
就農相談会はご要望に合わせて適宜開催しています。地域サポート体制の構成員も参加しますので、お気軽にお問い合わせください。
就農希望者自身が農業適性を判断するため、就農体験ツアーやインターンシップを開催
JA香川県では、毎年インターン生の募集を行っています。1年間、農業法人や先進農家のもとで研修を行うことで、実践農業が身につきます。
地域の就農支援情報や先輩農家の体験談等をホームページやパンフレットで発信
各機関のホームページでは、制度や補助事業の概要を掲載しています。お問い合わせやご要望に応じ、パンフレット等の郵送やデータの送付等を行っています。
就農準備支援

就農準備を支援する。

長期研修プログラムを実施(農業技術、農業経営)
JA香川県主導のもと農業インターン生を募集し、先進農家のもとで1年間の農業研修を行っています。
研修生の目標や適性を理解し、研修先の農家法人とのマッチングを実施
観音寺市農林水産課では、将来的な営農ビジョンをお伺いし、農業法人や先進農家への紹介を行っています。
就農準備に向けた農地の斡旋を実施
就農計画の実現をスムーズに達成できるよう、栽培品目の選定や栽培を指導してくれる指導農業士を紹介するとともに、地域を推薦し、併せて(公財)農地機構と連携し、農地の斡旋も行っています。
就農準備への支援を実施
(就農計画作成サポート、農機具・施設の斡旋、営農資金の相談等)
地域サポート体制構成員による面談を行い、希望に沿った就農スケジュールや計画作成を行っています。また、西讃農業改良普及センターでは、毎月第3火曜日に営農資金相談会を開催しています。
就農準備中の生活に関わる支援の実施(研修手当、住居の斡旋・手当等)
JAインターン生となり研修を行う方は、インターン期間の1年間はJA香川県の特別臨時職員扱いとなり、給与もあります。
定着支援

営農定着を支援する。

経営を安定させるために、販路開拓や確保の支援や情報提供を実施
新規就農者にJA香川県の集出荷機能(出荷調整支援体制)の説明や、過去の販売単価の推移などの情報提供を行っています。
就農後も一定期間は、技術や経営管理についての指導や相談を継続
主に現地確認と確定申告等によって経営を把握し、必要に応じ面談を行います。また、地域の農業士やJAの担当者・担い手サポーターにより、現地での技術指導を行っています。
農業経営開始後の規模拡大に必要な農地及び労働力の確保を支援
規模拡大に応じ、農業委員会や農地機構との相談会にて農地のマッチングを進めています。
地元農家や若手農業者との交流促進の場を設ける等、地域に定着するための支援を実施
JA香川県の野菜・果樹等の各部会では、栽培研修会や運営委員会など年間5~6回の集まりがあり、農業法人や地元農業者との交流があります。
地域に定着するための生活に関わる支援を実施
(住居の斡旋・手当、副業斡旋、子育て支援等)
観音寺市ふるさと活力創生課では、県外からの移住者へ、家賃や引っ越しの際の礼金、手数料等の初期費用を補助する事業があります。
地域サポート計画
  • 四国
  • 稲作
  • 麦類作
  • 露地野菜
  • 施設野菜
  • 果樹
  • 就農準備サポート
  • 農地の斡旋
  • 就農後のサポート

※掲載内容に関する責任は宣言地域に帰属します。