支援情報

地域の新規就農サポート宣言

農林水産局 就農支援課

農林水産局 就農支援課
電話:
082-513-3531082-513-3531
就農者向けHP
就農希望者に向けたサポート宣言
広島県は、市町、JAグループなど関係機関で連携して、目指す就農の実現に向けて全力でサポートします。
取組内容

(1) 就農意欲喚起

(2) 就農準備支援

(3) 定着支援

就農意欲喚起

受入体制を整え、就農意欲を喚起する。

就農相談会を開催
広島、東京、大阪での就農イベントで、就農相談対応や就農情報のPRをしています。また、広島県就農支援課では、電話・オンラインで就農や移住の相談を受け付けています。(月1回、夜の就農相談も実施。)
地域の就農支援情報や先輩農家の体験談等をホームページやパンフレットで発信
HP(広島県就農支援課、ひろしま農業応援ガイド)で、就農に関する総合的な情報や、県内市町の支援策や就農支援情報、研修機関を紹介するパンフレット、先輩就農者の体験談を掲載しています。
就農準備支援

就農準備を支援する。

長期研修プログラムを実施(農業技術、農業経営)
広島県立農業技術大学校をはじめ、13か所の研修機関があり、さまざまな品目の研修を実施しています。また、県(農業経営発展課)では、農業経営の基礎知識も学べる「ひろしま農業経営者学校」を開講しています。
就農準備への支援を実施
(就農計画作成サポート、農機具・施設の斡旋、営農資金の相談等)
就農予定市町の農業担当部署やJA、県農業技術指導所が連携して、相談に対応しています。
定着支援

営農定着を支援する。

経営を安定させるために、販路開拓や確保の支援や情報提供を実施
県(販売・連携推進課)では、「広島県産応援登録制度」により、こだわりの広島県産の農林水産物について、商談会の実施や情報発信などを通じて、ブランド化や販路拡大につながる取組みを行っています。
就農後も一定期間は、技術や経営管理についての指導や相談を継続
県農業技術指導所で、新規就農者に対して栽培技術や農業経営に関する情報提供及び指導を行っています。
地元農家や若手農業者との交流促進の場を設ける等、地域に定着するための支援を実施
年に1回、県内の新規就農者や青年就農者を対象にした研修会を開催し、経営スキルの向上と、情報交換ができる場を提供しています。
地域に定着するための生活に関わる支援を実施
(住居の斡旋・手当、副業斡旋、子育て支援等)
県(地域力創造課)では、東京圏から広島への移住を検討している方に、移動費用の支援(片道交通費支援制度)を実施しています。また、県が運営する空き家バンクウェブサイトで空き家に関する情報を提供しています。
地域サポート計画
  • 中国
  • 稲作
  • 露地野菜
  • 施設野菜
  • 果樹
  • 露地花き・花木
  • 施設花き・花木
  • 肉用牛
  • 就農相談会
  • 情報発信
  • 研修プログラム
  • 研修先とのマッチング
  • 就農準備サポート
  • 販路の確保
  • 就農後のサポート
  • 就農者のネットワーク
  • 住宅斡旋
  • 20代~30代歓迎
  • 40代~50代歓迎

※掲載内容に関する責任は宣言地域に帰属します。